• TOP
  • レポート

【体験レポ】占い師になりたい!!溟白龍先生が教える易占いのワークショップへ行ってきました!

こんにちは、占い大好きシャーミーです。

どのくらい好きかというと、有名な占い師さんに占ってもらうためだけに、新幹線に乗ったこともあるほどです。

占い大好きなのです。

いまでも年末には、タロットや四柱推命、手相などあらゆる方法で、次の年の運勢を占ってもらうのが恒例となっています。

(それがきっかけで結婚したり、妊娠を当てられたりしました。)

占いのワークショップへ行ってきました

結婚して子どもも生まれて、「さてこれからのわたしの人生どうしよう。」と漠然と考えていた時に、大好きな占いをもっと知りたい!と思うようになりました。

様々な占い本を読みかじっては「自分でも占ってみたい、しっかり占いの基本を学んでみたい」という気持ちが強く湧き上がってくるようになりました。

本を読んでいても仕方ない!行動あるのみ!

ということで、行ってきました、占いのワークショップ!!

溟白龍(めいはくりゅう)先生の占い講座

講師は溟白龍(めいはくりゅう)先生。

溟白龍(めいはくりゅう)先生のプロフィールはこんな感じ。

元銀座ママの恋愛力と企業家も信頼する確かな鑑定力で、恋愛から経営相談まで幅広いジャンルを占う。

鑑定歴30年以上。あらゆる恋を叶えてきた実力派。

自らを「人生相談師」といい、「未来は自分の行動次第で変わるもの」と、相談者に新たな一歩を踏み出す勇気と癒しを与える。また、その美貌と気さくな人柄、歯切れの良い話術に多くのファンやリピーターを抱える。

(ワークショップのアットプラスより引用)

ドキドキしながら教室に入りましたが、先生の気さくで生き生きした雰囲気で緊張が和らぎました。

しかし先生は美しい!(さすが元銀座のママ!)
先生のまとった空気がピカピカしている!
ついでにお肌もピカピカ。なんて、キレイなの!!

さっそく講習の始まりです。

先生が用意してくださったサイコロで、自分自身の知りたいことから占ってみます。

曖昧な事柄を占うのではなく、具体的に。

神経を集中させてサイコロをふります。

占いのワークショップへ行ってきました

易占いは3ヶ月〜半年以内のことを占ったほうが的中率は高いのだとか。
私はフリーランスで働いているので「漫画とライターの仕事が欲しい!すぐに仕事が舞い込むか。」と占ってみました。

出た答えは“しばし待つ。”
そして先生に言われました。
「これが出たということは、自分のスキルアップとか勉強に集中する時ね。」

サイコロの出た目が何を表すのかは、先生が作ってくださった冊子でとてもわかりやすく学べました。

さらにうれしいことに、先生自ら、受講者を占ってくれます。
これだけでも、参加する価値あり!

占いのワークショップへ行ってきました

占い内容は、ここにはリアルすぎて書ききれないのですが、かなーり、ズバズバ言い当てられて、ちょっと涙が出てしまいました。
そう。。。泣いちゃうほど当たってるんだもん…。

でも直視したくなくて、見ないふりをしていたことを、はっきり言ってもらって、スッキリしました。
「今は、学びの時!」だそうです。

先生からは占うときの心構えなどもお話がありました。
私の心をぎゅっと鷲掴みしたのが「幸せになるために占いはある!」という言葉。

そうそう、占いって不幸な未来のためにするものじゃないんですよ!
少しでも幸せな未来のために占いはあるんですよね!

そしてもうひとつ。

「自分がいい波動をもっていないと、いい占い師に出会えない」という先生の言葉。
溟先生に今日出会えただけでも、私の波動も捨てたもんじゃないんじゃない?とポジティブにとらえることができました。

今私は、学びの時…。
このタイミングで出会った占いのワークショップ…。

占いのワークショップへ行ってきました

はい、決めました!
ちょっと宣言してもいいですか?
「私、本気で占い師になります!!」

誰かの幸せのきっかけになったり、明るい未来に向かうお手伝いができたら…。
そんな占い師になるのを目標に勉強したいと思います!
ワークショップもまた参加したいです。


シャーミー
シャーミー

30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

都内のおんぼろ狭小借家に住んでいます。
(そして、ニックネームに反して、生粋の日本人です。)

素敵に暮らしたい気持ちはあるのに、素敵じゃないことばかり。
ほぼほぼ大雑把に生きていますが、たまにくよくよちんまり。
そんな日々をざっくりじわっとお送りいたします。

夫→40代。心に乙女(というかOL、たまに妖精)が住む。介護職。娘ラブ。
娘→2015年生まれ。成長曲線の一番上をひた走る、健康児。